お灸について
今回はお灸について書きましょう。
お灸は、通常皮膚に艾(もぐさ)を付けて線香の火で燃やします。方法は様々で、大別して痕を残す有痕灸(ゆうこんきゅう)、痕がつかない無痕灸
(むこんきゅう)があります。
有痕灸には、透熱灸(とうねつきゅう)、焦灼灸(しょうしゃくきゅう)、打膿灸(だのうきゅう)があります。
透熱灸は、熱を浸透させるもので、ゴマ粒大〜米粒の半分位 半米粒大の艾を皮膚の上に立て、直接燃やします。免疫力が高まるとされています。
焦灼灸はイボやウオノメを、また毒虫や蛇に咬まれた時の傷口を焼き切る時に使います。効果として、止血、防腐、病的組織の破壊、新層面の発生・
促進、抗体を増やすことができます。打膿灸は、灸痕に薬剤を塗り化膿させ、膿や漿液(しょうえき)の排出を目的とします。
無痕灸には、皮膚と艾の間に味噌やにんにく、生姜などを挟んで行う隔物灸や、温灸があります。温灸にはまた種類があり、知熱灸(ちねつきゅう)
は、大きめの艾をのせ、熱く感じたら取り去ります。棒灸は、艾と薬草を混ぜて棒状に固め、その端に火をつけ、それを皮膚に近づけて熱く感じたら
離す、というものです。変わったものでは、すり鉢型のお椀の中で艾を燃焼させ、皮膚の上に布を敷き、その布の上にお椀をのせて暖めるほうろく灸
があります。また艾を使わずに、漆や紅を塗る漆灸や紅灸もありましたが、現在は殆ど使われていません。
誰にでも手軽にできるお灸もいろいろ売られているので、簡単に自宅でもお灸を試すことができます。

         艾を使ったお灸のやり方です。
         用意するもの   ● もぐさ(最上級良質)
                     ● 線香(香りが少なく、太いものが良)
                     ● ライター
                     ● 印をつけるペン
                     ● 灰皿

1.ツボを決め、ペンで印をつける
2.もぐさをひねる
    @ ひねりやすいほうの手の平にもぐさをちょっとのせます
    A 人差し指と親指で軽くもぐさを転がし、先をとがらせます
    B とがらせた部分を米粒位の大きさに反対の手でつまみとって、印をつけた所に立てます
    C もぐさを持っていないほうの手で線香を持って、立てたもぐさに線香を近づけるだけで火がつきます

発熱時やお酒を飲んだときは避けてください。入浴直前や直後30分は化膿しやすいのでやめてください。
特異体質の人や慢性病で水泡ができやすく、お灸の痕が治りにくい場合がありますので、まずはお近くの鍼灸師にご相談下さい。

1.ニキビやシミを取る
  ゴマ灸・知熱灸」・せんねん灸・ちょうせい灸等を、1日1回3壮(お灸を燃やす回数のこと、同じ場所に3回する)ずつすると簡単なものなら数日で
  無くなります。
2.ウオノメを取る
  熱さに耐えられる位の大きさのもぐさで、1日1回3〜5壮すえます。大きさにより違いますが、最低1ヶ月はすえてください。
3.イボを取る
  イボの上に米粒大を3〜5壮すえます。イボが沢山ある場合、一番初めにできた親イボからすえます。最低1ヶ月はすえてください。
4.虫や蚊に刺された腫れ・かゆみには、かゆいところにすえると、腫れ・かゆみがひきます。
5.打撲や捻挫、内出血の時には、腫れているところや黒くなっているところと、正常なところとの間に、周りを取り囲むようにお灸をすえ、治っていく
  に従い囲む範囲を狭めていきます。
6.胃腸の弱い人や、神経症、夏バテの人に
  へその穴に、せんねん灸、ちょうせい灸で、1日1回1〜2壮、棒灸では3〜5壮すえます。急性のものなら1週間位、いつも胃腸の調子が悪い
  場合は毎日すえてください。
  お灸が怖い、という人は、使い捨てカイロや電気コタツで30分位、へそを温めるのも1つの方法です。
7.肩こりや腰痛、筋肉痛にも、お灸が良く効きます
  押さえて気持ちがいいところや痛いところに、ゴマ灸や知熱灸なら2〜3壮、せんねん灸やちょうせい灸なら1壮すえてみてください。
  ただし、炎症がある場合は、ゴマ灸や知熱灸は1壮とし、せんねん灸やちょうせい灸などは、かえって炎症を悪化させることがあります。
  そのため、お灸には次のような特徴があります。
  @ 冷えや慢性病など 循環の悪い場合は、なかなか熱さを感じません。早く熱さが感じられるようになれば、治ってきた証拠です。
  A 打撲や捻挫などの炎症性疾患の場合は、すぐに熱く感じます。治ってくると熱さを感じなくなってきます。
  B これは全ての場合に当てはまりますが、(お灸が)必要なところは、心地よいあつさを感じ、(お灸が)不要なところは、熱いものに触ったとき
     のような熱さを感じます。
  C お灸は、何処にすえても余程のことがない限り、大丈夫ですが、ゴマ灸や焦灼灸以外のもの――棒灸、せんねん灸、ちょうせい灸、知熱灸
     は、 全て熱く感じたら、取り去ってください。
鍼灸あれこれ#06